書いてる人

LE

Author:LE




【Like】
サイバー・ドラゴン 
魔轟神獣ユニコール 
デステニー・ドロー 
次元幽閉

Skype: taruto25
twitter: le1025

是非コメント残して貰えると嬉しいです♪

最近の記事

カテゴリー

最近頂いたコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

振り返りと自己分析


制限改定前最後の大会でした。

今期は関西三連戦で大敗したため、構築を一新したギアギアを使い続けながらも
爆風やギアボックスに疑問を感じ続け、最後まで納得のいかないままシャドールが登場。
先攻ギアギガントXの成立を一つの目指す形として念頭に置いているギアギアでは
相性の悪さが一層際立ち、デッキの変更を余儀なくされました。

本当はすぐにでもシャドールに着手したかったのですが、なかなかカードを手に入れることができず
仕方なく…という言い方は悪いのですが着手したのがテラナイトでした。
カードを持ってないことや、使用デッキの違いを負けの理由にはしたくないのですが
当時のシャドールに対し、テラナイトをはじめ他のデッキジャンルはデッキパワーの面で
大きく劣っていたように感じます。
一番の原因は特定の条件下で莫大なアドバンテージを生み出す
影依融合のテキスト。そこから特殊召喚されるエルシャドール・ミドラーシュの存在。

これにより、虚無空間を筆頭に影依融合を弾ける妨害札の用意。
破壊耐性持ちのミドラーシュに対する解答の用意。
多くのジャンルはこれらを前提に構築することが求められました。
しかし、それを踏まえてもやはり一番の有効戦法はエクストラデッキからの特殊召喚を行わないことで
下級モンスター達のビート能力が問われる環境になったのではないかと思います。

テラナイトのビート能力は高いものとは言えませんが、最低限のステータスを持ち
展開のうえで自然とデネブのサーチ効果が絡むため、モンスターのスロットを少なく収めた上で
多くの除去カードを用意することができ、さながらステータスの高い除去ガジェットの
ような感覚で運用ができます。また、通常のデッキでは対応しにくい
シャドールモンスターのリバース効果、憑依融合の発動に対し対応可能である
神聖なる因子の存在がこのジャンルを選ぶ大きなメリットであることは間違いないでしょう。

しかしそれでもスタートカードの少なさやデッキパワーの底を考えると
シャドールの優位は変わらないように感じました。
そこで目を付けられたのが、同時に収録された光天使セプターの存在であり
優秀なスタートカードの追加、蘇生カードやデルタテロスとの相性の良さ。
このカードがテラナイトのパワーを大きく引き上げ、構築を進化させるものになりました。

初期段階でこの枠は、HC-強襲のハルベルト、トリオンの蟲惑魔、カゲトカゲ
などが占めている構築が世に多く広まっており、このセプター入りが登場するのは
少し後の話になります。当時ソウルチャージが登場していないこともありますが
それでもなおこの枠にはセプターを使用したほうがよかったように思います。
このような構築をいち早く見つけ、形にできるビルダーを本当に尊敬します。

光天使セプター、スローネ+蘇生カードのセットは多くのデッキに流用可能であり
ランク4×3のエクシーズを行う過程で大きなアドバンテージを生み出します。
しかしテラナイトの使用するこのカードのパワーは他のジャンルとは一線を画し
最終的に行きつく盤面のデルタテロスが墓地に送られることにより更なる展開を生み
相性最高の神聖なる因子を構えることも可能という段違いの性能を持ちます。


これらを踏まえ、シャドールにも対抗できると判断したこのデッキを持ち込むことを選び
今回調整を重ねました。
純粋な調整不足、プレイ、構築技術のなさから本当に勝ちに飢え、伸び悩んだ環境の最後を
一応は優勝という形で締めくくれ安心しています。
また、今回の大会に際し同じく山口県で活動を共にする2人のプレイヤーに
調整の時間を多く割いてもらいました。
プレイ面において昔から信頼を置いている硫酸。
素晴らしい征竜ユーザーであるILの二人に協力してもらいましたが
やはり実感したのは調整の重要さ、調整の質と量がそのまま結果に結びつく点でした。
そもそも物事の呑み込みが遅く、プレイ技術においても最底ランクである自分が
調整なしに経験論、プレイセンスのみで勝つこと自体が不可能で
甘えきった思考であることは分かりきっていたのですが
それでも自分の感覚を信じたいという気持ちはあり、その気持ちは
今期、対戦で負ければ負けるほど自分の感覚が否定されるようで
それを認めたくないと思う内に大きくなっていったように思います。
無駄なプライドを捨て切り、人を頼り協力を得るという簡単なことで済む問題に対し
この切り替えができなかったのが、今期負け続けた最大の原因ではないかと考えます。

新カードがリリースされるカードゲームにおいてプレイヤーを取り巻く環境は常に変化します。
この変化の中で求められるプレイングは日々進化し続けており
プレイヤーは日々の調整の中で、少しずつこの感覚を養っていくものです。
思えば社会人となる前は多くの時間を調整に当て、戦績もそれなりに安定したものだったと思います。
その感覚のまま時は過ぎ、調整に多くの時間を割くことなく
ぶっつけで大会に出場→敗北というパターンを繰り返し自己嫌悪に陥っていましたが
それが今回はサイドボードの内容や構築理念に置いて
自分の感覚を信じながらもその一枚一枚に確固たる理由を持てていました。
実際の対戦の中でもそれは反映され、そのことで僅かながらも少し自信を取り戻せた自分がいます。
それが不正解であり、敗北したとしても確固たる調整に裏付けられたものであれば
確実に次のステップへと上がることができるのではないかと。


小規模のCSではありましたが、自分の中では多くのことを考えさせられる大会となりました。
次に出場する予定の大会は8月23日に開催される個人戦。広島杯です。
第4回広島杯では六武衆を持ち込み、決勝にてoverさんになすすべなく敗北したのが
今でも鮮烈に思い出されます。またある程度勝ちあがれるよう調整を重ねた上で
大会に臨みたいと思います。


では…リザレクション!!


2014-07-07(Mon) 19:45| 雑記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。