書いてる人

LE

Author:LE




【Like】
サイバー・ドラゴン 
魔轟神獣ユニコール 
デステニー・ドロー 
次元幽閉

Skype: taruto25
twitter: le1025

是非コメント残して貰えると嬉しいです♪

最近の記事

カテゴリー

最近頂いたコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

振り返り (第8回広島杯)

<結果に際して>
大会から約2週間が経ち、ようやく悔しさが消えてきた感じがします。
数多く存在する大会の中でも、自分の中でこの広島杯にかける思いは大きく
第4回の決勝卓でマーメイルに手も足もでず敗北した六武衆の雪辱を晴らしたい…
自身のCS決勝卓で負け続けるジンクス(通算1勝5敗)を断ち切りたいという思いがありました。

結果は準優勝。なんとか決勝まで勝ち進みましたが敗北。
どれみさんが広島杯を2連覇する中、自分は2度目の決勝負けをしてしまいます。
決勝まで進めば、対戦相手は会場内でも最高峰のプレイヤーが勝ち進んでくるはずです。
プレイの精度や読みの技術も当然トップクラスの相手と対戦をするわけですが
これまで、そして今回の結果を見るに、まだまだ至らない点や落ち度が多く
それらのプレイヤーと肩を並べ対戦をするには未熟すぎると痛感しました。
決勝で敗北し、肩を落としデッキを片付ける中、聞こえてくる歓声。勝者を称える拍手。
あれだけは本当に何度味わっても、分かっていても悔し涙が出そうになるものです。

次の大型非公認ではいい結果を出せるよう、またしっかりと調整を重ねて臨みたいと思います。


<反省点>
今回の気づきとしては大きく二つ。

①ET、EDにおける弱さ
これはシャドール系統全般に言えることですが、特に今回の構築はET、EDにおいて
苦労する場面が頻繁に見られました。これは普段の調整でET、EDの練習を行わない点で
気付くことなく大会に臨み、結果悲惨な目を見ることとなりました。
しかしそのことを意識していれば、プレイに反映できたかという点では間違いなくNO。
大会という舞台で間違ったプレイをせず、堅実な動きを続けていく上で
そこには絶対に慎重さ、正確さ、連続した集中力が求められます。
自分は特に早撃ちができず、一つのプレイにも時間をかけてしまう方です。
ET、EDは確実に突入するものでもないため、切り捨てられる選択肢ではあると思いますが
自分のプレイスタイルも考慮した上で、ここまで弱点が浮き彫りになっているならば
何かしら構築に変化が必要かなとも感じました。

②巻き戻しの許可
普段より処理の巻き戻し等はジャッジが許す範囲でのみ相手に許可していましたが
今回認識が甘くなってしまい、2回ほど勝敗にそのまま直結するような巻き戻しを認めていました。
自分でも対戦終了時までそのことに気づいておらず、ジャッジも丁度卓から目を離していた
場面でしたので、これに関しては本当に敏感にならなければと思い改めます。


構築に際しては、今回は自らの信条とする高い安定感を持たせたまま
納得のいかない選択肢を省き、自分なりにチューンできたのではないかと思います。
一般的に強力であるとされるカードも具体的な用途が理解できておらず
後に考えに変化が生まれることがあっても、自らが弱いと認識したうちは使わないのがベターかと。
今回で言えば、超融合がそれに当たりました。
対策プレイが取られやすく、除去としては一貫した安定性を持たない点や
デッキ融合によるカウンター、コスト面での無駄など用途は広くとも
隙の生まれやすいカードであることは間違いないと思います。
自分では納得がいなかったのですが、現状どのレシピにもほぼ間違いなく採用されており
認識を改めなければならないのかなとも感じています。
僕自身、このカードの重ね引きは即敗北レベルに考えていて1枚が限界かなと
考えていました。そのあたりで一般的な認識との差異を感じますが
まだこのデッキを触っていく中で気づいていくこともあると思います。
手足のように使いこなせればと願うばかりです。

このあたりで今回の大会に際する振り返りを終わります。
次は小規模ではありますが、9月7日に開催されるむむ杯チーム戦に出場予定です。


では…リザレクション!!


スポンサーサイト

2014-09-02(Tue) 23:40| 雑記| トラックバック 0| コメント 0

振り返りと自己分析


制限改定前最後の大会でした。

今期は関西三連戦で大敗したため、構築を一新したギアギアを使い続けながらも
爆風やギアボックスに疑問を感じ続け、最後まで納得のいかないままシャドールが登場。
先攻ギアギガントXの成立を一つの目指す形として念頭に置いているギアギアでは
相性の悪さが一層際立ち、デッキの変更を余儀なくされました。

本当はすぐにでもシャドールに着手したかったのですが、なかなかカードを手に入れることができず
仕方なく…という言い方は悪いのですが着手したのがテラナイトでした。
カードを持ってないことや、使用デッキの違いを負けの理由にはしたくないのですが
当時のシャドールに対し、テラナイトをはじめ他のデッキジャンルはデッキパワーの面で
大きく劣っていたように感じます。
一番の原因は特定の条件下で莫大なアドバンテージを生み出す
影依融合のテキスト。そこから特殊召喚されるエルシャドール・ミドラーシュの存在。

これにより、虚無空間を筆頭に影依融合を弾ける妨害札の用意。
破壊耐性持ちのミドラーシュに対する解答の用意。
多くのジャンルはこれらを前提に構築することが求められました。
しかし、それを踏まえてもやはり一番の有効戦法はエクストラデッキからの特殊召喚を行わないことで
下級モンスター達のビート能力が問われる環境になったのではないかと思います。

テラナイトのビート能力は高いものとは言えませんが、最低限のステータスを持ち
展開のうえで自然とデネブのサーチ効果が絡むため、モンスターのスロットを少なく収めた上で
多くの除去カードを用意することができ、さながらステータスの高い除去ガジェットの
ような感覚で運用ができます。また、通常のデッキでは対応しにくい
シャドールモンスターのリバース効果、憑依融合の発動に対し対応可能である
神聖なる因子の存在がこのジャンルを選ぶ大きなメリットであることは間違いないでしょう。

しかしそれでもスタートカードの少なさやデッキパワーの底を考えると
シャドールの優位は変わらないように感じました。
そこで目を付けられたのが、同時に収録された光天使セプターの存在であり
優秀なスタートカードの追加、蘇生カードやデルタテロスとの相性の良さ。
このカードがテラナイトのパワーを大きく引き上げ、構築を進化させるものになりました。

初期段階でこの枠は、HC-強襲のハルベルト、トリオンの蟲惑魔、カゲトカゲ
などが占めている構築が世に多く広まっており、このセプター入りが登場するのは
少し後の話になります。当時ソウルチャージが登場していないこともありますが
それでもなおこの枠にはセプターを使用したほうがよかったように思います。
このような構築をいち早く見つけ、形にできるビルダーを本当に尊敬します。

光天使セプター、スローネ+蘇生カードのセットは多くのデッキに流用可能であり
ランク4×3のエクシーズを行う過程で大きなアドバンテージを生み出します。
しかしテラナイトの使用するこのカードのパワーは他のジャンルとは一線を画し
最終的に行きつく盤面のデルタテロスが墓地に送られることにより更なる展開を生み
相性最高の神聖なる因子を構えることも可能という段違いの性能を持ちます。


これらを踏まえ、シャドールにも対抗できると判断したこのデッキを持ち込むことを選び
今回調整を重ねました。
純粋な調整不足、プレイ、構築技術のなさから本当に勝ちに飢え、伸び悩んだ環境の最後を
一応は優勝という形で締めくくれ安心しています。
また、今回の大会に際し同じく山口県で活動を共にする2人のプレイヤーに
調整の時間を多く割いてもらいました。
プレイ面において昔から信頼を置いている硫酸。
素晴らしい征竜ユーザーであるILの二人に協力してもらいましたが
やはり実感したのは調整の重要さ、調整の質と量がそのまま結果に結びつく点でした。
そもそも物事の呑み込みが遅く、プレイ技術においても最底ランクである自分が
調整なしに経験論、プレイセンスのみで勝つこと自体が不可能で
甘えきった思考であることは分かりきっていたのですが
それでも自分の感覚を信じたいという気持ちはあり、その気持ちは
今期、対戦で負ければ負けるほど自分の感覚が否定されるようで
それを認めたくないと思う内に大きくなっていったように思います。
無駄なプライドを捨て切り、人を頼り協力を得るという簡単なことで済む問題に対し
この切り替えができなかったのが、今期負け続けた最大の原因ではないかと考えます。

新カードがリリースされるカードゲームにおいてプレイヤーを取り巻く環境は常に変化します。
この変化の中で求められるプレイングは日々進化し続けており
プレイヤーは日々の調整の中で、少しずつこの感覚を養っていくものです。
思えば社会人となる前は多くの時間を調整に当て、戦績もそれなりに安定したものだったと思います。
その感覚のまま時は過ぎ、調整に多くの時間を割くことなく
ぶっつけで大会に出場→敗北というパターンを繰り返し自己嫌悪に陥っていましたが
それが今回はサイドボードの内容や構築理念に置いて
自分の感覚を信じながらもその一枚一枚に確固たる理由を持てていました。
実際の対戦の中でもそれは反映され、そのことで僅かながらも少し自信を取り戻せた自分がいます。
それが不正解であり、敗北したとしても確固たる調整に裏付けられたものであれば
確実に次のステップへと上がることができるのではないかと。


小規模のCSではありましたが、自分の中では多くのことを考えさせられる大会となりました。
次に出場する予定の大会は8月23日に開催される個人戦。広島杯です。
第4回広島杯では六武衆を持ち込み、決勝にてoverさんになすすべなく敗北したのが
今でも鮮烈に思い出されます。またある程度勝ちあがれるよう調整を重ねた上で
大会に臨みたいと思います。


では…リザレクション!!


2014-07-07(Mon) 19:45| 雑記| トラックバック 0| コメント 0

お触れホルスガチ勢

今晩は。LEです
久しく記事を書いておりませんでしたが、ようやくまた再開できそうな目途が立ちましたので
まず、ここ最近におきた変化から簡単に書いていきます。

①理学療法士になりました
無事に国家試験に合格し、セラピスト(爆笑)としての日々を送っております。
プライベートも十分な時間がとれ、趣味に仕事にそこそこ人間らしい生活に戻りました。
今をときめく鬼の定時退社マンとは私のこと


②一人暮らし、終わりました
実は国家試験に合格してからというもの、一年間の一人暮らしを経験しました。
お金 … 全く貯まらない
生活 … リズム崩壊
趣味 … 意外と打ち込めない上に凄まじいスキルダウン

もういいです。今は毎日飯がうまい


③遊戯王が弱くなりました
これは最近の戦績を見ていただければ一目瞭然。

<TetsuCS> アライブHERO使用 2勝2敗
<シェルティーゲーム> マドルチェ使用 2勝2敗
<広島杯> ギアギア(フランケン)使用 2勝2敗
<カード王CS> ギアギア(フランケン)使用 3勝1敗
<くわの家CS> ギアギア(フランケン)使用 1勝3敗
<浮き輪グランプリ> 征龍使用 2勝2敗

この原因として、最初は場数の少なさだと思ってたのですが
これに関しては一人暮らし期間もホリピーやクシャノ君との調整で数を積んでいたので
重要視すべき問題点はここではありません。

対戦デッキの片寄り、構築、プレイングの質の低下、独りよがりな理論、使用デッキの間違い…
考えられる原因を挙げればきりがありませんが、一つ一つ突き詰めていければと思っています。






すごい!もう書くことがなくなりました。なんて薄っぺらい人生なんでしょう。
では…リザレクション!!



2014-05-23(Fri) 21:37| 雑記| トラックバック 0| コメント 0

待たせたな!!

皆様お久しぶりです!

LEです。本当に久しぶりの記事となります…

最後の記事でXセイバー使ってますね僕w 願わくば使い続けたかった…

あれから色んな事がありました。
デブリダンディ最後の出陣…本州最西端CSでの準優勝。
個人2-5、チーム優勝とという快挙。まっすん杯。
愛したグローアップ・バルブ、スポーアの禁止。
行き着いたカラクリ。挫折。そして甲虫装機…
大阪のチームメイトとともにベスト8で涙を飲んだ中四国CS。
デッキに自信を持って臨んだレオパルドCS。結果0-2失格(笑)

数々の弱さを露呈し、愛する猫もデブリを失った僕ですがなんとか生きてます。
遊戯王も頑張っていますがなかなかうまくいきません。
それでも考えるのをやめたらもっと勝てなくなると思って
Twitterではずっと遊戯王のことを考えてます。嘘です。
Twitter→le1025フォローミー!!

取りあえず現状です。

【使用デッキ】
甲虫装機を使っています…が、今回の制限改定で規制がほぼ確実なので
現在は触っていません。次の候補として現在はカラクリを回しています。

【戦績】
正直話になりません。はっきり言って弱い。
でも頑張ってます…誰か遊戯王教えてください

【周りの環境】
大阪から、下関にILがやってきました。
そして同じ県内からガロスが下関に引っ越してきました。
今日も下関勢は仲良く(?)やっています。正直怪しいです

【日常】
実習が忙しいです。でも週末は身を削ってなんとか遊戯やってます。
バイトはそろそろ継続が難しいかも…

【その他】
※大会で使うHNを変えています
LE→Elly

えるいーがエリーになったところで…って話なんですが、ジンクス的な問題です
LEという名前を使いたくなくなったw
というわけで大会であたってもいじめないでください



では…リザレクション!!



2012-07-16(Mon) 21:32| 雑記| トラックバック 0| コメント 1

まとめて

大会結果をまとめていきます。
簡易になって申し訳ないです…


・イノセント公認
使用:Xセイバー

一回戦 暗黒界 ○○
二回戦 バニラビット ×○○
三回戦 墓守 ○○
四回戦 メッシ ドラグニティ ○○

結果:優勝

落とした試合は、七つ、スタロ、緊急指令の布陣にパルキオンが飛んできて
モンスターをフラムナイト一枚しか引けず負けました。
今はだいぶ構築が変わりましたが、エアベルンを主軸に置いた構築は間違ってなかったと思います
カラクリにも言えることですが、サイドチェンジから各種ミラーが無理なく使えるのは素晴らしかったです

レスキューキャットの面影を残すデッキとして、こっちも調整していきたいですね









・下関ワンコイン杯
使用:デブリジャンクドッペル

一回戦 大ちゃん クイックジャンド ×○○
二回戦 サイキック ○○
三回戦 オークさん アライブ剣 ○○

決勝トナメ
一回戦 オークさん アライブ剣 ○○
二回戦 メッシ ドラグニティ ○○
決勝 しらたき君 ジャンド ○○


結果:優勝

負けた試合は初戦の大ちゃんのみと好調でした。
相手がクイックなのに、こちらの手札はライコウ、カーガンと後手に回るものが多く
VSビートダウンで真価を発揮するカードばかりでした。ヴェーラーも持っておらずロードウォーリアーからの
トリシューラで壊滅…これは仕方ないかなー

動画があがっています。
しかしこの動画しらたきくんが何もしてないっていうね…

商品はエフェクトヴェーラーの米版1stウルトラを3枚いただきました。
チャンプ本当にありがとうございます






・すまいる県選抜チーム戦
山口県
先鋒:LE  デブリジャンクドッペル
中堅:メッシ ドラグニティ
大将:硫酸  暗黒界(!?)

一回戦 カオス ○○
二回戦 TG代行 ×○○
三回戦 不戦勝
四回戦 バチョンさん ライロ ××
五回戦 六武 ○○
六回戦 旋風BF ○×○
決勝 次元ラギア ○×○

結果:優勝

チーム全員5-1の好成績で優勝できました。
硫酸も爆発してくれて、即行で勝ちを報告してくれるのはすごくありがたかったし
メッシは流石の安定感…横にいて頼もしかったです

今回負けた試合は、バチョンさんのライトロードなんですが
一本目は先行援軍でガロスが落ち、ルミナスを回収。
ダストシュートでピーピングされた後、ライラで殴り倒したルミナスを蘇生→ガロス蘇生→ライラ召喚
→ラヴァルバルチェイン→ウォルフ落とし→開闢でワンキル。

二本目は後攻で初手にバルブスポーア…バルブ、スケゴをセット。
これに対してエイリン召喚。バルブがデッキに戻る。
エンドフェイズにネクガが落ち、スタンバイにまたダストシュートww
ゴーズがデッキに戻され、次にトップされた援軍でバルブ、キャリアが落ち負けましたw

これは…仕方なかったと思います。
ただ、この試合以外にも前に比べるとストレート勝ちが少なく勝敗にむらがあります…
対戦相手に煽られて感情的になってしまって、シューティングクェーサーが犬死してしまったという
馬鹿なプレミもしてしまったので(  気をつけたいですね
でも流石に「顔が怖いですよ??」は腹立つ








総じて
最近なぜか好調です
フリーの機会とかは学校が忙しくなってきてかなり減ったんですが
いざ大会になると勝てたり…でも新しいジャンルが台等してくるともう分かんないですね

現状まだデブリジャンクドッペルは戦えます。前環境の劣化であることは間違いないですが
ラギアにも有効な返し手をメインから無理なく用意できてることや
トリシューラやフォーミュラシンクロン、カオスソーサラーといった強力なカードが使いやすく
制限カード軍も、おろかな埋葬、ワンフォーワン、光の援軍ととても強力なものが多いです。
今更TG代行天使や暗黒界といったデッキを使い始めても
今まで使ってきた人間に追いつけないと思い、それなら他より少しは長けてる
デブリ系統のデッキをと思い使っています。


11月3日の まっさん杯チーム戦
11月 日の 下関ワンコイン杯チーム戦

に出場予定です。どちらもチームメンバーが強く十分に優勝を狙えると思うので
できることなら二つとも優勝したいですねー

最近カードよりも身の回りの物とか買うのが楽しくてお金がいくらあっても足りませんw
デブリとセイバー残して遊戯王全部売っていいレベル
お金になるカードが少ないから売れないんですけど…

では…リザレクション!!



2011-10-30(Sun) 12:27| 雑記| トラックバック 0| コメント 0

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。